本文へスキップ
泣Zクションメイツはコンサートやイベントへ生演奏提供を専門とする会社です。

セクションメイツ会社方針CONCEPT

会社方針

 「生演奏でストレス解消やリラックスしませんか」をキャッチに演奏しています。
 巷にはプレーヤーレスのPC打ち込みデジタル音楽が氾濫し、これでもかと言わんばかりに私たちの耳に突き刺さります。しかしアナログサウンドは空気振動によって私たちの耳に届けられる自然のサウンドだからこそ臨場感や柔和さが伝わり、それが癒しにつながるのではと考えています。生演奏だからこそ伝えられる事、それは柔和さと癒しではないでしょうか。
 私たちが感情を持ったアナログ動物であることを考えれば、人間と生演奏は切っても切れない関係といっても過言ではないでしょう。
 しかし、生演奏によるアンサンブルはプレーヤーレスの電子打ち込み音楽と異なり出演者が多い為、コスト的には割高に付くのは事実です。
 最近は自分たちで演奏を楽しむアマチュアミュージシャンによる発表の場としての出演場所探しによる競合現場が増えているのが現状です。
 そんな厳しい環境の中、音楽ユニオン加盟メンバーによる演奏で本物のアナログサウンドをお届けすることを目標に頑張っております。
              pdfチラシ1枚
 


CEO セクションメイツの特徴

セクションメイツの目玉といえば、小編成マーチングバンドの演奏と、アイーダトランペット(長ラッパ)を使用したファンファーレの吹奏です。
アイーダトランペットはテープカット、進水式、表彰式、選手宣誓から結婚式での賛美歌の吹奏、披露宴での新郎新婦入場時の行進曲、ケーキカットの時のアクションに至るまで幅広く使われています。
さらに、21世紀を担う子供たちに夢を届けるのを目的に、大きな動物縫いぐるみでラッパと太鼓を演奏する、動物縫いぐるみバンドハッピーアニマルズ公演を行っています。ラッパと太鼓のシンプルな編成は小学校のトランペット鼓隊と同じです。
また、お手持ちのイメージキャラクターとジョイントすことで、イベントの充実とイメキャラの知名度アップ、地域活性化のお手伝いをするご当地ゆるキャラ応援隊としても提供しています。



生演奏へのこだわり
 機械的で遊びのないプレーヤーレスの電子打ち込み音楽に対して、生演奏で聴衆の視聴覚に訴えるゆらぎ演奏の提供、まさにそれがプロの使命であると考えます。
 自作と思われる凝った衣装に身を包みオーバー気味とも思えるパフォーマンスで楽しそうに演奏するアマチュアバンド。視覚に訴える意味では生演奏の役割は十分に果たせていると思います。
 しかし、プロの場合は視覚のみではなく聴覚にも訴える必要があるのです。すなわち目と耳で感動していただくという事です。
 それには
楽器本来の音色、音符の弾き分け、指定拍子の表現、それぞれの楽曲に与えられたリズム(メヌエット、ボサノバ、他)の表現などの曲想を十分に理解した忠実な演奏を提供する、これがすべて考えます。
 平坦で打ち込み音楽を楽器に置き換えただけのBGM的な淡々とした感動のない生演奏が増えつつある中にあって、アナログ演奏の醍醐味は周辺の空気を揺るがしその振動を聴衆の心の奥に届けることと理解します。
 軽快で躍動的であったり、ゆったりとリラックスできる演奏の提供、それこそが私たちが演出する生演奏と肝に命じ手を抜くことなく努力しているところです。