本文へスキップ
泣Zクションメイツはコンサートやイベントへ生演奏提供を専門とする会社です。

ACCESS

bird触れて抱いて生きた動物の温もりを感じよう
  触れ合い移動動物園
 

    


 一般的に、1日動物村、触れ合い動物園、どうぶつ村などと呼ばれていますが内容的にはほぼ同じで、ウサギ、モルモット、チャボ、アヒル、ヒヨコ、ハツカネズミ、犬、ヤギなどの小動物を持ち込んでの 触れ合い移動動物園です。
 最近では都会のみならず地方においても動物に触れる機会が少なくなっています。実際に触れて抱いて縫いぐるみとは違う、
生きた動物の温もりを感じよう。 オプションでポニーの体験乗馬が可能です。
 最近欠如しがちな思いやり、やさしさなどを育てる癒し系の情操教育の一環としていかがでしょうか。
 イベント、まつり、商業施設催事、売り出し、幼稚園の情操教育用アイテムなど、幅広く利用されています。
 セットには動物用の柵などはすべてセットされており、飼育員が手際よく糞尿の処理をし、スタッフが入れ替え時間の管理や案内をいたします。
 舗装場所での展開にはビニールシートを持ち込んでの養生作業もバッチリです。




        fureai ponny

      mouse marmot rabbit


編成例 
10種80頭前後
 ヤギ、イヌ、ウサギ、モルモット、ハツカネズミ、七面鳥、カモ、チャボなど日常生活で身近に感じる動物。 オプションでポニーの体験乗馬があります。
 

30種180頭前後
 10種に加えて、ポニー、子ウシ、ガチョウや展示動物などが加わり
移動ミニ動物園の感じです。
 ポニーの体験乗馬
がセットに含まれています。

bear                               
季節や当日の健康状態により編成が変更になる場合があります。    
開催時間は5時間以内(休憩時間含む)にてお願いいたします。
係員の食事、糞尿の処理、動物の休息のため途中で60分の休憩時間を頂きます。
混雑時には入場制限や時間制などの処置を取らせて頂きます。
・人間を癒しても動物くんのストレスは大変なもの、優しく抱きましょう。


加減を知らない子供達
 モルモットやハツカネズミを握りつぶしてしまったり、ウサギを高いところから地面へ叩きつけたりと、動物君たちにとってはかわいそうで動物虐待ではないかとクレームが出そうな場合があります。普段体験できない小動物に触れるという事は、思いやりとか情操面などの教育的見地から行われている事をご理解頂き、付き添いやご父兄の皆様にはお子さまから目を離さぬようご協力のほど宜しくお願いいたします


動物関連商品として「動物ぬいぐるみバンド」をどうぞ


                                          このページの先頭へ